宇宙の元素 絵子の地学










現在、宇宙には90種類以上の元素が存在しています。

それではビッグバン直後にはどのくらいの種類の元素があったと思いますか。

答えは2種類です。

水素とヘリウムの2つしかなかったそうです。

えぇー! たった2つぅー。

私たちの体をみても酸素や炭素などのいろんな元素からできています。

これらの多様な元素は一体どうやって作られたのでしょう?

その答えは…宇宙の星の中で作られているのです。

太陽のような恒星は中心で水素が核融合を起こしてエネルギーを作っています。

その時にヘリウムは作られます。

次にそのヘリウムが核融合反応を起こすと炭素と酸素が作られます。

…という具合により重い元素が作られていくのです。

このように星の中の反応や超新星爆発によって、

重い元素が作られ宇宙に増加し続けています。

故に新しく生まれてくる星には多様な元素が含まれています。

星がどのような物質でできているか調べると成り立ちや歴史も分かっちゃうんです。

ただし遠い星まで行って物質を調べるわけにはいきません。

そこで、望遠鏡を使って調べます。

元素はその種類によって特有の波長の光を吸収する性質があります。

星の光を分光器にかけると吸収された波長がわかります。

それによりその星にある元素の種類も分かるんです。





◇ ◇ ◇ 国立天文台野辺山宇宙電波観測所 ◇ ◇ ◇

長野県の野辺山に国立天文台野辺山宇宙電波観測所があります。

大きなパラボナアンテナがずらっと並んで宇宙に向けられている風景は圧巻です。

一度この目で見てみたい!

ここに設置されている電波望遠鏡は何と直径が45mもあります。

ミリ波と呼ばれる電波を観測できる電波望遠鏡では世界最大なんだそうです。

ブラックホールの発見にも活躍したそうです。

また、ミリ波干渉計を6台繋ぐことで

直径約600mの電波望遠鏡に相当する解像力となるそうです。

太陽を観測する電波ヘリオグラフはその数何と84台。圧巻です。

このように国内でも宇宙から届くさまざまな電波を観測しています。

宇宙人は見つかるかな?

元素図鑑



宇宙は92個の元素でできている!
たった92個の元素であらゆるものが!
元素入門の決定版!






宇宙の元素 絵子の地学
inserted by FC2 system