プレート 絵子の地学










地震のニュースなどで「プレート」って言葉をよく耳にしませんか。

太平洋プレートとか、フィリピン海プレートとか、…

地球の表面は厚さ100kmほどの十数枚のプレートという硬い岩板で覆われています。

そしてこれらのプレートはそれぞれ独自に動いています。

この運動のことを「プレート運動」と言います。

地震や火山の噴火を引き起こし、海や陸地の形を変化させてきました。

「プレート運動」は地球のダイナミックな活動のまさに「原動力」とも言えます。

そして、他の惑星には見られない、地球の唯一の特徴でもあります。

では、このプレート運動、一体いつ頃から始まったのでしょう。

グリーンランドでおよそ38億年前に深い海の底でできた枕状溶岩が発見されました。

枕状溶岩とは海底の火山から噴き出た溶岩が枕が積み重なったように固まったものです。

このことは38億年前にすでにプレート運動が始まっていたということを証明しています。

地球をダイナミックに変化させてきた「プレート運動」

すごいエネルギーです。



◇ ◇ ◇ 地質時代 ◇ ◇ ◇

地球46億年の壮大な歴史を考えると、

私たちの人間の歴史が語り継がれた有史時代はわずか数千年程度です。

仮に有史時代を6000年間とした場合

6000/4600000000=0.0000013

有史時代は地球史のわずか百万分の1でしかありません。

「はぁ〜」  ← 溜息

話がそれました。地質時代についての説明を。

46億年もの長〜い地球の歴史は「地質」によって区分します。

「地質」とは地面より下の岩石や地層の性質、状態、種類などのことです。

岩石や地層の中の化石を調査することで様々なことが分かります。

例えば…

ある時を境に生物の種類が大きく変わったり…

ある時を境に生物が絶滅したり…

このように化石はいろいろなことを教えてくれます。

そして、こういった時期に地質時代の境目は設定されています。

要するに地質学的な視点でとらえた時代なのです。

地面が記録した時代とでも言えるでしょうか。

地球が誕生して現在までの46億年は

以下の大きく4つの地質時代に分けられています。

@先カンブリア時代
(約46億年前から5億4000万年前の40億6000万年)

A古生代
(5億4千万年前から2億5000万年前の2億9000万年)

B中生代
(2億5000万年前から6600万年前の1億9000万年)

C新生代
(6600万年前から現在の6600万年)

地球の歴史の88%を占めるのが先カンブリア時代。

とっても長い時代なんです。

どんな物語があったのでしょうねー。

プレートテクトニクス入門



プレートを基本から学ぼう!
プレートのなぜ?に答える本
地球のからくりが分かる!







ホットプレート



プレートと言えばホットプレート!
穴あきプレート、平面プレート、
そしてたこ焼きプレートがセット






プレート 絵子の地学
inserted by FC2 system